ホワイトアスパラの美味しい茹で方を教えてください

2014/06/04(水)



ドイツの春の風物詩といえばホワイトアスパラ


生のホワイトアスパラの茹で方って


グリーンアスパラと違うのでしょうか?


 


せっかく買った高級なホワイトアスパラ


下ごしらえや茹で方を失敗して


台無しにしたくはないですよね。


 


適切な茹で時間で上手に下ごしらえしたホワイトアスパラは、


その独特の甘み、旨みと柔らかい食感が絶品ですよ!


 


ここでは、ホワイトアスパラの持つ


ほろ苦い甘み、旨み、食感をすべて引き出すための、


ホワイトアスパラの下処理と茹で方、茹で時間をご紹介します!!


 


ポイントさえおさえておけば


あなたもホワイトアスパラの美味しさに


はまってしまいますよ(^^)


 


■材料


ホワイトアスパラ


レモン 1/8個


 


STEP1:ホワイトアスパラの皮を剥く


ホワイトアスパラの美味しい茹で方


美味しく茹でるためのポイントは2つ!!


上から根元まで皮をしっかりと厚めにむく


茹でる時にむいた皮を一緒に茹でる


 


まずは皮をむきます


穂先から5cmくらいの位置から


根元へ向かって皮をむきます


 


むき残しが無いように


しっかりと厚めに皮をむきましょう。


 


根元が乾燥して硬い場合は


1cm位切り落としましょう。


 


剥いた皮は茹でる時に香りづけとして使うので、


捨てないで取っておいて下さいね(^^)


 


ホワイトアスパラの皮には


良い香り成分が含まれているので


一緒に茹でることで香り付けになるんです♪


 


STEP2:むいた皮をゆでる


ホワイトアスパラの美味しい茹で方


大きな鍋、もしくはフライパンでお湯を沸かし


まずは剥いた皮を入れましょう。


 


(ここで、塩、砂糖、バターを入れる茹で方もあるようですが、


ここでは入れない茹で方をご紹介します)


 


ここで雑談


実は、ホワイトアスパラ専用の鍋なんてものがあるんですよ!!


 


調理器具を見るとテンションが上がってしまう方は(私も含め)


その鍋を見ないほうがいいかもしれません(笑)


 


STEP3:レモン汁を加える


ホワイトアスパラの美味しい茹で方


続いてレモン汁を加えましょう


レモン汁を加えることで、


ホワイトアスパラの色が美白になりますよ(^^)


 


STEP4:ホワイトアスパラを茹でる


ホワイトアスパラの美味しい茹で方


皮を入れて2分ほど経ったら火を中火に弱めて


ホワイトアスパラを根元から入れましょう


 


束にして入れて、根元をお湯につけて10秒待ちます


それからホワイトアスパラ全体をお湯に入れます。


 


茹で時間はおよそ3~4分ほどです。


串を根元部分に刺して、


スッと入るようなら茹で上がりですよ♪


 


茹で時間は硬さの好みで調節して下さいね(^^)


 


STEP5:完成


ホワイトアスパラの美味しい茹で方


茹で上がったホワイトアスパラを器に取り出して完成♪


水洗いをしないようにして下さいね(^^)


風味が落ちてしまうんです!


 


オリーブオイルをかけて召し上がると美味しいですよ♪


 


★苦味が気になるとき


どうしても苦味が気になるときは、


火を止めて20分程鍋に入れたまま冷まします。


鍋に入れたまま冷ますと苦味が少なく仕上がりますよ。


 


★茹でた後の保存方法 


茹でた後にすぐに食べない時は


良い保存方法がありますよ(^^)


 


まず、ザルなどを使い、


茹で汁から皮を取り除きます


 


器に盛ったホワイトアスパラに、


この熱い茹で汁を上からかけ、


アスパラが浸るようにします。


 


これを氷と冷水で器ごとゆっくり(30分くらい)と冷まします。


 


茹で汁からホワイトアスパラを取り出して水気を切り、


タッパーなどに移し変えて冷蔵庫で保存します。


2日間ほどは保存できますよ(^^)


 


上手に下処理して茹でたホワイトアスパラは


食感も旨みも格別です♪


ぜひお試しくださいね(^^)


記事カテゴリー よくあるご質問>北海道野菜に関するQ&A>アスパラガスに関するQ&A|北海道野菜レシピ>アスパラのお料理レシピ