おせちの意味

2015/01/01(木)

新年あけましておめでとうございます!


昨年は多くの方との出会いがあり


とても幸せな年でした。


 


本年もより一層皆様にお楽しみいただけるサービスを


心がけて参りますので


ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます!!


 


さて、早い方は昨日の大晦日より


御節(おせち)を召し上がっているのではないでしょうか?


御節の意味


 


おせちの一品一品には


このような意味が込められているのですね


 


黒豆 ⇒ 元気に働けますように


「まめ」は元来、丈夫・健康を意味する言葉です。


「まめに働く」などの語呂合わせからも、


おせち料理には欠かせない料理です。


 


栗きんとん ⇒ 豊かさと勝負運を願って

黄金色に輝く財宝にたとえて、


豊かな1年を願う料理。


「勝ち栗」と言って、縁起がよいとして尊ばれてきました。


 


昆布巻き ⇒ 健康長寿

昆布は「喜ぶ」の言葉にかけて、


正月の鏡飾りにも用いられている


一家発展の縁起ものです。


 


田作り ⇒ 五穀豊穣

小魚を田畑に肥料として撒いたことから名づけられた田作り。


カタクチイワシの小魚を使った田作りは


祝い肴3品のうちの1品です。


 


数の子 ⇒ 子宝と子孫繁栄

ニシン(二親)から多くの子が出るのでめでたいと、


古くからおせちに使われました。


 


えび ⇒ 長生きの象徴

えびは、長いひげをはやし、


腰が曲がるまで長生きすることを願って


正月飾りやおせち料理に使われます。


御節の意味


 



ごぼう ⇒ 細く長く幸せに

細く長く地中にしっかり根を張るごぼうは


縁起のよい食材として様々に使われています。


 


たたきごぼうは、軟らかく煮たごぼうを叩き、


身を開いて、開運の縁起をかついだもの。


 


ごぼうの産地である八幡の名をとった、牛肉の八幡巻、


穴子の八幡巻も正月らしい巻もの料理です。


 


と、一部の代表的な品のみご紹介させていただきました。


 


新しい年が素晴らしい一年になりますよう


皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます!


 


記事カテゴリー 店長ブログ