お米の虫の予防対策を教えて下さい

2014/08/16(土)

あなたはひょっとして


お米をキッチンで保存していませんか?


 


そんなことをしていると、ある日突然


米びつを開けると


中から米粒大の黒い虫がウヨウヨ・・・


 


気持ち悪いので


捨てたくなりますよね(^^;)


 


虫がここまでわいてしまったら


食べる気も失せます


 


では、このような虫の


予防対策はどうすればよいのでしょうか?


よくわかりませんよね


 


そこで、今回は


お米の虫の予防対策について


詳しくご説明したいと思います!!


 


★お米の虫を予防できる保存方法


ご家庭でできる最も良い保存方法は


お米を野菜室に保存する方法です


できれば透明なペットボトルに入れましょう


 


こうすることで、お米の鮮度低下


酸化、乾燥、虫害を予防できます(^^)


 


キッチンは家の中でも高温多湿の場所


キッチンはお米の保存に最悪の場所なんです(^^;)


 


冷蔵庫に余裕が無い場合は


家の中でできるだけ冷暗所を選んで保存しましょう


 


白米の状態で保存する場合は


夏場で2週間


冬場で1ヶ月間と思っておいてください


 


★その他の予防方法


唐辛子(タカの爪)を手でちぎって茶封筒などに入れ


米びつに入れておくと効果的ですよ(^^)


 


それから、使い切った容器は


よく洗い乾燥させてから


新しいお米を入れるようにしましょう


 


お米につく虫の代表的なものは


穀象虫(コクゾウムシ)ですが


それ以外にも色々な虫がいます


 


米びつなどの保存容器に


古い米やぬかが残った状態だと


それが虫の発生原因となってしまいます


 


これらの害虫は


直接的な害(毒素など)をもたらすことは有りませんが


気分的に良くないですよね(^^;)


 


30℃前後で活動が活発になる虫なので


きるだけ冷暗所でお米を保存することが


最も大事なポイントですね!!


 


★虫がわいてしまった時の対処方法


虫がわいてしまったら


屋外で天日干しをしましょう


詳しい対処方法は上記リンクをご覧下さいね(^^)


記事カテゴリー よくあるご質問>北海道野菜に関するQ&A>お米に関するQ&A