かぼちゃは、蒸す、茹でる、焼く、煮る、どの調理法が最も甘くて美味しくなるのでしょうか?

2013/11/14(木)

北海道のかぼちゃを通販で産地直送(^^)

せっかくお取り寄せするのですから、

最もかぼちゃが美味しくなる調理法で食べたいですよね!!

今回は、かぼちゃは、蒸す、茹でる、焼く、煮る

どの調理法が最も甘くなるのか?

について、詳しくご説明いたしますね(^^)

★かぼちゃは、蒸す、茹でる、焼く、煮る、どの調理法が最も甘くて美味しくなるのか?★

かぼちゃが熟成すると甘くなる理由は、

たっぷりとでんぷんを蓄えていて、

それが糖に変わるからなんです(^^)

そして、かぼちゃはでんぷんを糖にする

アミラーゼという酵素を持っていて、

アミラーゼは30~60℃の間で働きます。

この温度帯が長ければ長いほど、

かぼちゃの甘味を増してくれます。

つまり、甘味を引き出すには

低温でゆっくり加熱することが大切です(^^)

それでは、各調理法の特徴を見ていきましょう!!

●茹でる

時間をかけてじっくり煮れば煮るほど、甘味が増します。

●電子レンジ

加熱が急速&高温なので、甘味は引き出されません。

●焼く

じっくり加熱すれば甘味は引き出されますが、

水分が蒸発するのでしっとりとはいかないでしょう。

●蒸す

オススメの調理法です(^^)

茹でるとゆで汁にかぼちゃのうまみが抜けてしまいますが、

蒸しても栄養やうまみが逃げません。

以上より、かぼちゃが甘くなる調理法ランキングは、

蒸す>ゆでる>焼く>電子レンジ

の順ですね(^^)


記事カテゴリー よくあるご質問>北海道野菜に関するQ&A>かぼちゃに関するQ&A