じゃがいもを皮つきのまま茹でる方法を教えて下さい

2014/07/08(火)

じゃがいもを茹でる時


皮をむいてから茹でたほうが良いのか


皮つきで茹でても大丈夫なのか、よくわかりませんよね?


 


じゃがいもの茹で方の基本についても


ぜひご覧頂きたいのですが


 


今回は、じゃがいもを皮付きのまま茹でる方法について


詳しくご説明いたしますね(^^)


 


★じゃがいもを皮つきのまま茹でる方法★


STEP1


じゃがいもについている土を


タワシを使ってしっかりと洗い流します


ピーラーや包丁の角で芽を取り除きます


 


1個のまま、もしくは大きすぎる場合は


適当な大きさにカットして、鍋に入れます


 


STEP2


じゃがいもがひたひたになるくらいまで水を入れ


水が沸騰したら弱火から中火にして


コトコトと茹でます


 


竹串がスッと通るようになればOKです!!


ザルに上げるか、鍋に入れたままお湯のみを捨てて


粗熱をとります


 


皮をむく料理に使う場合は


熱いうちに皮をむくと


簡単にじゃがいもの皮がむけますよ(^^)


 


じゃがバターにするなら皮つきのままお皿に盛り


粉吹きいもにするなら皮を剥いて水分をとばします


 


ポテトサラダコロッケにする場合は


熱いうちに皮をむいてじゃがいもを潰しましょう


 


じゃがいもを皮つきのまま茹でるメリットとしては


ホクホク感が増す


栄養が流出しにくい


簡単に皮がむける


水っぽくならない


男爵いものように煮崩れしやすい品種は崩れにくくなる


 


などが挙げられますが


皮つきのまま茹でるデメリットとしては


 


潰したい場合は皮をむかなくてはいけない


皮をむいた場合より火が通るまでに時間を要する


 


ということが挙げられます


 


皮付きのまま茹でるのか


皮をむいて茹でるのかについては


茹でた後の料理次第ですね(^^)


記事カテゴリー よくあるご質問>北海道野菜に関するQ&A>じゃがいもに関するQ&A