かぼちゃの天ぷらを作りたいのですが、てんぷら衣はどうやって作るのでしょうか?

かぼちゃの天ぷら、私も大好きです!!
甘くてしっとりホクホク、まわりはサクサクで。
天ぷらを揚げる時に気になるポイントは、
天ぷら衣の作り方と油の温度と揚げ時間ですよね。
そこで今回は、天ぷら衣の作り方から
揚げ方までを詳しくご説明いたしますね(^^)
【材料】
冷水…500ml
卵…1個
薄力粉 ※ふるってから計測する。…250ml
【作り方】
STEP1
水・薄力粉・卵は冷蔵庫で冷やしておき、
薄力粉はふるいにかけておきます。
冷やした卵を冷水に割り入れて、
泡立つまでしっかりと混ぜます。
先に卵を溶いてしまうと白身が混ざりきらず残ってしまいますよ。
泡は使わないので捨てましょう。
STEP2
卵水と薄力粉は体積1:1で混ぜます。
卵水250mlに対して、ふるった薄力粉250mlを
3回くらいに分けて加え、8の字を描くように泡立て器でさっくりと混ぜます。
残った卵水は調整用に使います。
STEP3
フライパンを使い、油は底から2cmの量を入れます。
これ以下だとうまく揚がらないので油が減ってきたら随時足しましょう。
26cmのフライパンであればおよそ700mlです。
打ち粉(薄力粉)をしてから衣をつけて油の中に入れます。
全体に薄くまぶします。
余分な粉は落としてから、衣をつけます。
シャバシャバした衣なので
打ち粉をしないと素揚げになってしまいます。
天ぷらを鍋に入れるときは、箸で強く握らないように。
衣を破らないように、箸で重心を支えて、乗せるようなイメージで。
油の中に入れたら、衣が固まるまで触らないように。
およそ40秒から1分ほど経って、ひっくり返すときは、
箸で握らずにたこ焼きの要領でくるりと転がすように返します。
ここまでが天ぷら衣の作り方と揚げ方ですが、
実は、美味しい天ぷらの最大のポイントは、
天ぷら衣でも、油の温度でも無いんです(^^;)
★天ぷらは蒸し料理
★余熱を利用する
これが最大のポイント!!
かぼちゃの天ぷらの揚げ方のページで詳細をご説明しております。
ぜひご覧下さいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>