離乳食のじゃがいもペーストの冷凍方法を教えて下さい。

離乳食に使いやすい便利な食材って、
どんなものがあるのでしょうか?
じゃがいもは茹でて潰しやすく、栄養豊富なので
離乳食にピッタリの食材です(^^)
因みにかぼちゃの離乳食もおススメです(^^)
じゃがいもは栄養豊富な野菜で、
ビタミンC、カリウム、食物繊維などが
たっぷり含まれています。
つぶしやすいので、離乳食に使いやすく、
赤ちゃんにも人気の食材です。
そこで、今回は、じゃがいもを離乳食用に下ごしらえし、
冷凍保存するところまでの方法について
詳しくご説明いたしますね(^^)
★じゃがいもを離乳食用に下ごしらえする方法★
STEP1
じゃがいもは芽をとり、適当に小さくカットします。
水で全体を濡らして、ラップをふんわりとかけたら、
電子レンジで加熱して火を通します。
火を通してからのほうが、
じゃがいもの皮は簡単にむけますよ(^^)
STEP2
電子レンジを使わない場合は、
鍋にじゃがいもを入れ、
ひたひたより少し少なめの水を入れて、やわらかくゆでます。
こちらの場合も、火を通してから
じゃがいもの皮をむきます。
STEP3
じゃがいもをすりつぶして湯でのばします。
のばすのに使うのは、お湯以外に、
ミルク、野菜スープ、だし、果汁などでもOKです!!
ただし、冷凍保存する場合は、お湯でのばしておくと
使う時にアレンジできるので便利ですよ(^^)
★じゃがいものつぶし方、裏ごし方法★
 
1.じゃがいもをラップに包んで指でつぶしす
少量の時はラップに包んで指で押しつぶせば、
簡単につぶせます。
2.じゃがいもをフォークの背でつぶす
少量だけ作りたい時はフォークの背で簡単につぶせます。
量が多い時は、マッシャーを使ってもOK。
3.じゃがいもを裏ごしする
裏ごし器を使って、スプーンの背や、
木べらなどで押しつけるように裏ごしすれば、
より細かくつぶせます。
4.じゃがいもをめん棒ですりつぶす
ビニール袋に入れて、めん棒を転がすようにすれば
量が多い時も簡単に素早くつぶせますよ♪
★じゃがいもの冷凍保存方法★
 
STEP1
じゃがいもを冷凍保存する時は、
茹でるか蒸して、それぞれの離乳食時期に合った大きさに刻むか、
ペースト状にすりつぶしてお湯でのばしたものを冷凍します。
製氷皿に入れて冷凍し、キューブ状に凍ったら
冷凍用保存パックに移し変えて冷凍保存します。
キューブ1個分が何さじ分になるか、
あらかじめ調べておくと、
離乳食の時期に合った量を使うのに便利ですよ(^^)
また、冷凍用保存袋に板状に伸ばして冷凍しても、
パキッと折って必要な分だけ使うことができます。
板チョコのように、1回分ずつ
箸で筋目をつけておけば、折りやすいです。
離乳食中期以降は、適当な大きさに切って
ゆでたものを冷凍しましょう。
離乳食の時期に合わせて食べる量も増えますので、
離乳食中期や後期からは、
冷凍用保存パックに入れて冷凍保存します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>