有機野菜と無農薬野菜との違いは?

「有機栽培トマト」のような表示で

販売されている野菜をよく見かけますよね

 

「有機栽培」「有機野菜」という言葉は

なんとなく「安全、安心、健康的で美味しい」

というイメージがあるかと思います

 

また、「無農薬野菜」「特別栽培」などといった言葉も目にしますが

これらは一体、何がどう違うのかわかりませんよね?

 

ここでは、有機野菜と無農薬野菜の違いについて

まとめてみたいと思います

 

有機野菜と無農薬野菜の違いは

化学合成農薬と化学肥料が

どのように使われているかで分類されています

 

◆有機栽培

化学合成農薬:×(指定された天然系農薬の使用は可)

化学肥料:×

 

米や野菜などの1年生作物は

種まきや植え付けの前2年間

 

多年生の作物は前3年間

化学物質を使用してはいけないことになっています

 

なぜかと言うと

土壌中に農薬や化学肥料が残っていれば

意味がありませんよね

 

「有機野菜」と表示して販売するためには

農林水産省の認可がある認定機関からの

認定を受けなければなりません

 

毎年監査を受け

違反すると罰則の適用があります

 

この認定を受けた生産者のみが

有機JASマークをつけて

有機野菜として販売することが可能なんです

 

◆無農薬栽培

農薬を一切使用しない栽培方法ですが

化学肥料を使用しても無農薬野菜に該当します

 

◆特別栽培

農薬と化学肥料をその地域で通常使われている量の

5割以下に減らして栽培する方法です

 

では、一体どの栽培方法でつくられた野菜が一番よいのでしょうか?

 

ここからはシエラファーマーの考えですの

参考程度に留めて下さいね(^^)

 

シエラファーマーが考える最も大切なことは

有機野菜、無農薬野菜、特別栽培野菜に

形式的に固執することではなく

 

「誰が、何を、いつ、どこで、どのようにつくった野菜か?を正確に把握すること」です

あなたは、次に挙げる2種類の野菜

どちらを食べたいでしょうか?

 

★野菜①

あなたのご両親やご親戚が

田舎からとうもろこしを送ってくれました

 

「今年のとうもろこしは虫がひどかったから、2回だけ農薬散布したけど

食べる頃には農薬残ってないから大丈夫だよ~」

 

★野菜②

某デパート地下1Fの高級食材スーパー

「有機栽培とうもろこし」と書かれ

「○○さんが育てました」と写真付で紹介されているとうもろこし

 

野菜①を選ばれたのではないでしょうか?

普段、野菜①の選択肢が無いあなたは

仕方なく野菜②を購入されているのでは?

 

ここで、野菜①のポイントは

「信頼できる人が、どのようにつくってくれたか」

という点ですよね(^^)

 

シエラファーマーは、野菜①をあなたにお届けしたくて

北海道中の農家さんを走り回って

取材してはホームページに情報を掲載しているんです

 

信頼できる人が、健康的な土作りを心がけ

健康的な土からは健康的な野菜が育ち

野菜の病気がひどくなる前に、最小限の薬で予防する

 

これは、有機野菜、無農薬野菜の枠に入らない

両者のいいとこ取りをしたような野菜

 

シエラファーマーでは「ナチュラルヘルシー野菜」と呼んでいます

 

農薬や化学肥料を人間に例えると

風邪をひいた時の薬のようなものです

 

適切な時期に、適量の薬は、野菜にとっても必要なんです

その薬が、私たちが食べる頃には

全く残留していなければ、何の問題もありませんよね?

 

もしじゃがいも畑の一部が病気になりそうなときに

薬を処方しなければどうなるでしょう?

 

じゃがいも畑全体に病気が蔓延し

農家さんのその年の収入はゼロになってしまいます

 

最悪は、周囲の農家さんの畑にも蔓延し

その地域全体の農業に甚大な被害を与えてしまいます

 

もし地域全体が「有機JAS」に固執して

適切な薬の使用を禁止すれば

このような最悪ケースも現実のものとなってしまうでしょう

 

農家と消費者との間で適切なコミュニケーションが無いことが

「有機野菜」「無農薬野菜」がセールストークに多用されること

の原因であると考えています

 

シエラファーマーは、あなたと農家さんとをコミュニケーションでつなぎ

ナチュラルヘルシー野菜をお届け致します(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>