北海道野菜の放射能汚染に関しては安全なレベルなのでしょうか?

原発事故の影響で

日本国内の野菜の放射能汚染に関する

安全性は常に気になりますよね

 

北海道産野菜の放射能汚染の状況は

安全なのでしょうか?

 

ここでは、北海道産野菜の

安全性情報をまとめてみたいと思います

 

★北海道産野菜の放射能汚染の状況★

北海道の農地土壌の放射性物質モニタリング結果は

以下の通りです

 

測定日:2013年10月7日

I-131  Cs-134 Cs-137

 

長沼町  不検出 不検出 不検出

比布町  不検出 不検出 5.70

浜頓別町 不検出 不検出 13.00

訓子府町 不検出 不検出 不検出

中標津町 不検出 不検出 12.00

芽室町  不検出 不検出 7.20

北斗市  不検出 不検出 5.80

※単位はBq(ベクレル)/kg乾土

※I-131:放射性ヨウ素 半減期は8日

※Cs-134 放射性セシウム 半減期は2年

※Cs-137 放射性セシウム 半減期は30年

 

サンプリング方法、分析方法などの詳細は以下のページをご覧ください

農地土壌の放射性物質モニタリング結果

http://monitoring-hokkaido.info/

 

さて、この結果から

北海道野菜は安全なレベルと言えるのでしょうか?

 

ここで参考となるのが、

過去3年間(2008~2010年)の北海道における

未耕土・草地における放射性物質モニタリング結果です

 

I-131   Cs-137

江別市 不検出 14~19

 

過去3年間の数値と比較して

最近の数値は同程度と言えるかと思います

 

北海道野菜の放射能汚染に関する安全性は

問題ない範囲と言えそうですが

公表されていない検査結果もあると聞きます

 

原発事故当時の風向きから

北海道はほぼ影響なし

とも言われています。

 

いずれにせよ、独自で検査するなどして

安全性を確認することが間違いないですね。

 

★北海道野菜のPM2.5の影響★

日本国内では、風向き等から考えて

九州野菜がPM2.5の影響が大きいと言われていますね

北海道はそれほど影響が無いようです

 

★北海道野菜の農薬について★

北海道は冷涼な気候のため

虫の発生が本州、九州などの地域に比べ少なく

その分、殺虫剤使用量が少なく済みます

 

例えば、とうもろこしの薬剤使用量について

北海道は九州の半分量以下で済む

と言われています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>