ノンカフェインのお茶にはどのような種類があるのでしょうか?

今までお茶のカフェインなんて

気にしたことなかったのに

妊娠してから気にするようになりました

 

この方のように、妊娠をきっかけに

ノンカフェインの飲み物を飲むようになったりしますよね(^^)

 

実際にカフェインは胎児にはよくないので

避けるほうがよいと言われています

 

そんなことで、麦茶を飲むようになって

麦茶ばかり飲んでいると・・・

つわりがひどくなって麦茶が苦手に・・・(^^;)

 

そう!!同じ食べ物、同じ飲み物ばかりを口にすると

つわりの時期は特に

その物が苦手になってしまいますよね

 

つわりのときは無理して食べなくてもよいと言われますが

水分は少しずつでも摂らないと

脱水症状になってしまうので気をつけてくださいね

 

さて、困りました

ノンカフェインのお茶にはどのような種類があるのでしょうか?

意外によくわかりませんよね

 

そこで今回は、ノンカフェインのお茶について

詳しくご説明したいと思います!!

 

★ノンカフェインのお茶

いわゆる茶葉から作られるお茶には

すべてカフェインが入っているんです

 

ウーロン茶にもカフェインは入っていることになりますし

ノンカフェインと思われがちなほうじ茶にも

カフェインは含まれていますよ

 

ノンカフェインのお茶は

茶葉以外の原料から作られるお茶

 

例えば、麦茶、杜仲茶、そば茶、柿の葉茶

昆布茶、ルイボスティー、とうもろこし茶(コーン茶)

とうもろこしのひげ茶、黒豆茶、などです

 

この中でも、妊婦さんや赤ちゃんでも飲めて

国産なので安心して飲めるお茶は

そば茶、とうもろこし茶(コーン茶)ですね(^^)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>