北海道のとうもろこしにはどんな種類があるのでしょうか?

北海道のとうもろこしは、最近では

白いとうもろこしや生でも食べられるとうもろこしなど

いろいろな種類があってよくわかりませんよね?

 

今回は、北海道のとうもろこしの種類と特徴について

わかりやすくご説明いたしますね(^^)

 

★品種の分類★

よく、スイートコーンやポップコーンなどと呼びますが

これは、種子の性質による分類であり

品種名とは異なります

 

つまり、スイートコーンという品種は存在しないんです(^^)

スイートコーン(甘味種)は、私たちがよく食べている

とうもろこしの種類のことです

 

種子に含まれる糖分が多く強い甘味を感じるため

このように呼ばれています

 

★各品種の特徴★

今回は、わかりやすくするために

とうもろこしの実の色で大きく3種類に分けてみますね!

 

それらの中でも、スイート種、スーパースイート種

ウルトラスーパースイート種などのタイプがあり

名前の通りどんどん糖度が高く甘くなるんです

 

★イエロー系★

実が黄色の甘味が強い品種です

 

【味来】

比較的こぶりですが

とうもろこしの中でも非常に糖度が高く

皮が薄く実が柔らかいことから人気となりました

 

非常に珍しい品種です

 

【ゴールドラッシュ】

とうもろこしの王様と呼ばれ

実がぎっしりと詰まって甘みが強いことが特徴

 

粒皮が非常に柔らかいため

口の中に皮が残りにくく、後味さっぱり!

生でも食べられるほど甘いとうもろこしです

 

【サニーショコラ】

別名「フルーツコーン」と呼ばれ

糖度が非常に高いんです(^^)

 

粒皮もとても薄く実が柔らかいため

生で食べても美味しく

その美味しさはフルーツ並み!!

 

【恵味(めぐみ)】

強い甘さが魅力の生でも食べられるとうもろこしです

鮮やかで光沢のある粒色と粒皮の柔らかさが特徴

 

糖度の低下が遅い品種で

同種で恵味ゴールドや恵味キュート

などもありますよ

 

【ミエルコーン】

粒の皮が薄く、糖度の高い品種で生食可能

ミエルとは、フランス語で「はちみつのような甘さ」

という意味で、名前のごとく甘いです

 

【ピクニックコーン】

かなり小ぶりな品種で

小さなお子様や女性が1本食べきるのに

ちょうど良いサイズです(^^)

 

しかも、かなり糖度が高くて美味しいんです!!

味来、ゴールドラッシュと同じくらい美味しいです

 

【キャンベラ】

ピーターコーンの後に出た品種

昔懐かしいとうもころこしを食べたい方は

このキャンベラがおススメですよ!!

 

粒の硬さがしっかりとしていて

甘みと旨みも十分あって

これぞとうもろこし!!という味です

 

私個人的には

最近のフルーツみたいな甘さの品種よりも

キャンベラのような昭和の味が好きです(^^)

 

【ハニーバンタム】

昭和40年代に日本で人気となった品種

その後、ピーターコーンが登場して以来

姿を消しつつあります

 

★バイカラー系★

白色と黄色の実が混ざっている品種

 

【ピーターコーン】

北海道では生産量が最も多い

北海道民に最も親しまれる品種と言ってよいでしょう(^^)

 

黄粒と白粒が3:1の割合で混じる

バイカラーのとうもろこし

 

甘くて粒皮がやわらかく食べやすい

高糖度型の代表品種のひとつで

昭和60年に登場しました

 

【ゆめのコーン】

黄色と白色の粒が3:1で混ざる「バイカラー品種」

糖度の高さ、粒皮の柔らかさが特徴ですが

見た目のインパクトで人気があります

 

糖度の低下が遅い品種です

 

★ホワイト系★

実が白色で甘味が強い品種です

 

【ピュアホワイト】

真っ白なとうもろこし

収穫時の平均糖度は15度と

とても甘く生でも食べられるとうもろこし品種

 

北海道以外での生産は少なく、希少品種

一粒一粒が甘くクリーミー

 

【ロイシーコーン】

ピュアホワイトや白い味来よりも

さらに真っ白なとうもろこし

 

北海道のとうもろこしにはどんな種類があるのでしょうか?

上:白い味来

下:ロイシーコーン

ピュアホワイトよりもっと甘いですよ(^^)

 

生で食べても美味しいとうもろこしの品種です

北海道では最近流行の品種ですよ~

 

【白い味来】

その名の通り、味来が白くなった品種

あの美味しい味来を白くしたのですから

味は間違いなく美味しいですよね(^^)

 

ロイシーコーンが透き通るような真っ白であるのに対し

白い味来は、真珠のようなクリーミーな白さです

なかなか販売されていないので、貴重ですよ

 

★昔ながらのとうもろこし★

とうもろこしは、16世紀後半にポルトガル人によって長崎へ伝来

当時はかための「フリント種」でした

 

明治時代になると「スイート種」である

「ゴールデンバンタム」がアメリカから導入され

北海道開拓とともに栽培が盛んになりました

 

第二次大戦後になると「ゴールデンクロスバンタム」が入り

さらに昭和40年代に「高糖型(スーパースイート種)」の

「ハニーバンタム」が人気となりました

 

そして昭和60年代に「ピーターコーン」が

登場したことでおやつとしての需要が急増しました

 

これらのスーパースイート種の登場により

フリント種や当初のスイート種は

ほとんど姿を消してしまいました

 

年配の方々は

「甘いとうもろこしはとうもろこしらしくない!」

と口々に仰います

 

確かに、昔ならがらのとうもろこしは

噛むほどにじわーっと味が出てきて

フルーツではなく、穀物らしい味がしますよね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>