月別アーカイブ: 2014年1月

かぼちゃの表面にカビが生えてしまったのですが食べられるのでしょうか?

坊ちゃんかぼちゃをカットせずに丸ごと
涼しい風通しの良い場所に
ダンボール箱に入れて置いておいたのですが・・・
保存方法としては問題ないはずなのですが
かぼちゃの表面に
白カビが生えてしまいました(^^;)
どうしてカビが生えてしまったのでしょうか?
カビの部分を取り除けば
食べられるのでしょうか?
今回は、かぼちゃの表面に
カビが生えてしまった時の対処について
ご説明いたしますね(^^)
★カビを取り除けば食べられるのでしょうか?★
カビをキレイに切り落とせば
食べられますよ(^^)
ただし、カビは見た目の部分よりも
深い部分まで菌糸を伸ばしています。
深めに切り落としましょう。
カビの部分を切り落とすと
かぼちゃの実が水で濡れた様に
色が変わっています。
その部分が菌糸が侵入した部分です。
しっかりと切り落としましょう。
★どうしてカビが生えてしまったのでしょうか?★
大きなかぼちゃの品種は、
皮が厚いため傷に強く
カビも生えにくいです。
今回は坊ちゃんかぼちゃのケースということで、
坊ちゃんかぼちゃは表皮が非常に薄いため傷に弱く
ぶつかった部分からカビが生えてしまったと推測されます。
大きなかぼちゃは保存性が良いため
年越ししても問題ありませんが、
坊ちゃんかぼちゃは年末までにお早めにお召し上がりください(^^)