月別アーカイブ: 2013年11月

ノンフライノンオイルポテトチップス

今回はポテトチップスの作り方です(^^)
しかも油を一切使わないのでカロリーは市販の1/3!!
ビックリするほど簡単にできちゃいます♪
お子様に安心して食べさせられるお菓子に
ピッタリですよ(^^)
クックパッドでつくれぽ1400件超えの
人気レシピで作ってみました!!
ノンオイル ノンフライ ポテトチップス
【材料】
じゃがいも 1個
塩 適量
【作り方】
STEP1
じゃがいもの皮をむき、スライスします。
そんなに薄くなくても大丈夫です。
1mmくらいでしょうか。
スライサーを使ってもOK!!
あまり薄くスライスするとペラペラで
歯ごたえがなくなるので、ほどほどに。
STEP2
電子レンジにクッキングシートを敷き、
じゃがいもを重ならないように並べ、
塩をふり600wで約5~6分加熱します。
キッチンペーパーではなく、
オーブンでも使えるシートを使ってくださいね。
クッキングシートに並べる時は重ならないようにしましょう。
出来上がりがくっついてしまいますよ。
時々シートからはがしたり、
ひっくり返して下さいね(^^)
加熱しすぎると焦げます(^^;)
見ながら調整してくださいね。
STEP3
見た目がパリッとなったら完成♪
【アレンジ】
塩のほかに、青のり塩、クレイジーソルト、
ガーリックソルト、コンソメの素、
パプリカやカレー粉など
いろいろアレンジ可能ですよ(^^)

じゃがいもとほうれん草のキッシュ

キッシュの定番
じゃがいもとほうれん草のキッシュ!!
でも、キッシュはちょっと難しいイメージがありますよね?
でも案外簡単なんです(^^)
ノンバターで風味良くオリーブ油を使用した
サックサクの生地をお試しください♪
今回は、クックパッドつくれぽ200人超えの
人気レシピで作ってみました(^^)
★じゃがいもとほうれん草のキッシュ★
【材料(18㎝のタルト型or耐熱皿)】
■ タルト生地
薄力粉 110g
オリーブ油 30cc
牛乳(油と合わせ計量ok) 40cc
塩 小さじ1/2
■ キッシュ卵液
卵 2コ
生クリームor牛乳 120cc(合わせてもOK)
ピザ用チーズ ひとつかみぐらい
コンソメ(お好みで) 小さじ1
■ キッシュの具
ホウレン草 小さい束3つぐらい
ベーコン 3枚(約20㎝なら)
じゃがいも(約5㎜スライス) 小2コ
塩こしょう 少々
【作り方】
STEP1
じゃがいもを約5㎜ぐらいにスライスし、
水にさらしておきます。
STEP2
キッシュの生地の材料を全てボールに入れて、
フォークなどで混ぜます。
オーブンは220℃に予熱します。
STEP3
ある程度まとまってきたら、
キッチン台にキッシュの型より大きめにラップを敷き、
生地を乗せラップの上からこね丸くまとめます。
STEP4
3の生地の上に、又同じくサランラップを乗せ、
その上から麺棒などで
キッシュ型より少し大きめに伸ばします。
生地を伸ばしていてまわりが割れてきた時は、
割れた所同士を重ねて割れた所を補修しながら
伸ばしていけば綺麗に伸びます。
STEP5
型にオリーブオイルを塗ってから
または、クッキングシートを敷いてから生地を焼くと
簡単に型だし出来ますよ(^^)
挟んでいる下のラップをはがし、
タルト型に乗せ、残ったラップの上から
型に馴染ませると手が汚れないですよ。
STEP6
型の縁からはみ出た生地は切り落としましょう。
余った生地はまとめて冷凍して、
いくつか貯まれば合わせて1つ作れますよ(^^)
STEP7
キッシュの底にフォークで穴を一面に開け、
生地の膨らみを防止します。
その後、外したラップをかけて一旦冷蔵庫で寝かせます。
STEP8
ホウレン草、ベーコンを適当な大きさに切り、
水にさらして置いたじゃがいもを入れ、
水分を飛ばす様に軽く塩こしょうをして炒めます。
中に入れる具は生で入れると、
焼き上がった時に水っぽくなるので、
必ず水分を飛ばす意味で軽く炒めて下さいね。
STEP9
炒めた具材をタルト型に入れ、
ビザ用チーズを混ぜたキッシュの卵液を流し入れます。
STEP10
220℃のオーブンで25分ほど焼いたら完成♪
キッシュ底がカラッと出来上がらない場合は、
次回より「生地の空焼」をして下さい。
より一層さっくりした生地になりますよ♪

ポテトサラダのレシピ

じゃがいもの定番料理、ポテトサラダ
ですが、意外にそのレシピはよくわかりませんよね?
何をどのくらい入れて味付けすれば良いのでしょうか?
じゃがいもの茹で方や味付けのタイミングなど、
美味しくするコツはあるのでしょうか?
今回は、クックパッドでつくれぽ4000人超えの
人気レシピをもとに作ってみました(^^)
下味を酢と塩でしっかりつけて美味しくなりますよ♪
★ポテトサラダのレシピ★
【材料(4人分)】
じゃがいも 3~4個(400g)
卵(ゆで卵) 2個
きゅうり 1本
にんじん 3~4cm
玉ねぎ 小 1/2個
★塩(茹でる時) 小さじ1
☆お酢(すし酢でもOK) 小さじ2~3
マヨネーズ 大さじ5~6
こしょう 少々
【作り方】
STEP1
ゆで卵を作ります。
じゃがいもは皮をむいて縦半分2㎝厚さに切り、
お鍋に入れて洗います。
ひたひたのお水に塩を入れて茹でます。
STEP2
じゃがいもが煮えたら湯切りし、
中火で加熱1~2分水分を飛ばしながら潰します。
ここで酢を加えます。
柔らかめがお好きな方は
ここで水分を残すか、牛乳を足してみましょう。
STEP3
2を冷まします。
野菜は薄くカット(人参は極薄に)、
少量の塩で揉みしばらく置き、水で洗ってよく絞ります。
卵は荒みじん切りにしましょう。
STEP4
野菜と卵全部とマヨネーズを加えてよく混ぜます。
こしょうで味を整えて、
お好みで辛子を入れても美味しいですよ♪
ハムやマカロニをお好みで入れても美味しいですよ(^^)
STEP5
お酢には、防腐効果があるので、
夏場はお酢多めがお勧めです!!
マヨネーズは少なめでさっぱり作ってくださいね♪

かぼちゃの天ぷらの揚げ時間はどのくらいでしょうか?

天ぷらの揚げ時間って、くわかりませんよね。
火を通そうと思い長時間揚げると
焦げてしまいますし(^^;)
今回は、かぼちゃの天ぷらの揚げ時間について
ご説明したいと思います。
かぼちゃの天ぷらは、厚さ3cmの場合、
加熱8分、余熱5分、が目安です(^^)
ポイントは、余熱を利用することなんです!!
紙に包んで余熱で火が通るのを待ちます。
これだけでも、焦げずに美味しいかぼちゃの天ぷらを
揚げることができるのですが、
もっと美味しく揚げるポイントがあります。
天ぷら衣の作り方、揚げる温度がポイント
と思われてませんでしたか?
実は、
「天ぷらは蒸し料理」
これが最大のポイントなんです!!
どうせ同じ手間をかけて天ぷらを揚げるのなら、
プロみたいな天ぷらを自宅で揚げてみたいですよね?
そのポイントについて、
かぼちゃの天ぷらの揚げ方のページで詳しくご説明しております!!
ぜひご覧下さいね(^^)

かぼちゃの天ぷらを作りたいのですが、てんぷら衣はどうやって作るのでしょうか?

かぼちゃの天ぷら、私も大好きです!!
甘くてしっとりホクホク、まわりはサクサクで。
天ぷらを揚げる時に気になるポイントは、
天ぷら衣の作り方と油の温度と揚げ時間ですよね。
そこで今回は、天ぷら衣の作り方から
揚げ方までを詳しくご説明いたしますね(^^)
【材料】
冷水…500ml
卵…1個
薄力粉 ※ふるってから計測する。…250ml
【作り方】
STEP1
水・薄力粉・卵は冷蔵庫で冷やしておき、
薄力粉はふるいにかけておきます。
冷やした卵を冷水に割り入れて、
泡立つまでしっかりと混ぜます。
先に卵を溶いてしまうと白身が混ざりきらず残ってしまいますよ。
泡は使わないので捨てましょう。
STEP2
卵水と薄力粉は体積1:1で混ぜます。
卵水250mlに対して、ふるった薄力粉250mlを
3回くらいに分けて加え、8の字を描くように泡立て器でさっくりと混ぜます。
残った卵水は調整用に使います。
STEP3
フライパンを使い、油は底から2cmの量を入れます。
これ以下だとうまく揚がらないので油が減ってきたら随時足しましょう。
26cmのフライパンであればおよそ700mlです。
打ち粉(薄力粉)をしてから衣をつけて油の中に入れます。
全体に薄くまぶします。
余分な粉は落としてから、衣をつけます。
シャバシャバした衣なので
打ち粉をしないと素揚げになってしまいます。
天ぷらを鍋に入れるときは、箸で強く握らないように。
衣を破らないように、箸で重心を支えて、乗せるようなイメージで。
油の中に入れたら、衣が固まるまで触らないように。
およそ40秒から1分ほど経って、ひっくり返すときは、
箸で握らずにたこ焼きの要領でくるりと転がすように返します。
ここまでが天ぷら衣の作り方と揚げ方ですが、
実は、美味しい天ぷらの最大のポイントは、
天ぷら衣でも、油の温度でも無いんです(^^;)
★天ぷらは蒸し料理
★余熱を利用する
これが最大のポイント!!
かぼちゃの天ぷらの揚げ方のページで詳細をご説明しております。
ぜひご覧下さいね(^^)

かぼちゃの天ぷらの切り方を教えて下さい。

かぼちゃの天ぷらって美味しいですよね(^^)
甘く濃厚で、しっとりホクホク、まわりはサクサク。
何気なく食べていると、
いざ自分で作ろうと思ったときに
どんな形に切られていたのかよくわかりませんよね。
そこで今回は、かぼちゃの天ぷら用の切り方について
詳しくご説明いたしますね(^^)
ちなみに、美味しいかぼちゃの天ぷらの揚げ方のページも
ぜひご覧下さいね!!
ポイントは、天ぷら衣の作り方や、油の温度ではなく、
「天ぷらは蒸し料理」「余熱を利用する」です(^^)
★かぼちゃの天ぷら用の切り方★
STEP1
かぼちゃは切り、種とワタをかき出します。
STEP2
1/2の大きさのかぼちゃを半分に切って1/4の大きさにします。
しっかり押えてさらに半分に切ります。
STEP3
さらに長さを半分に切ります。
つまり、横向きに切ります。
STEP4
くし形になるように端から包丁をあて、
上から軽く押し、5mm位の厚さに切って、完成♪

かぼちゃの天ぷらのカロリーは高いほうでしょうか?

かぼちゃやさつまいもの天ぷらって
天ぷらの中でも甘くて濃厚で美味しいから
ついつい食べ過ぎてしまいますよね。
今回は、食べすぎがちなかぼちゃの天ぷらの
カロリーについて考えてみたいと思います!!
まずは、かぼちゃの天ぷらのカロリーから。
かぼちゃの天ぷら 大1個(大きなくし型):91 kcal
カロリーの内訳
サラダ油 5.1g 47kcal
かぼちゃ 35g 33kcal
小麦粉 2.7g 10kcal
たまご 1.3g 2kcal
合計 91kcal
91 kcalは、コンビニおにぎり1/2個分くらいですね。
でも、ちょっと待ってください!!
揚げ物のカロリーは、油の量で決まります!!
天ぷらのプロは、天ぷら自体に油をあまり染み込ませないように
揚げることができますが、プロでない人は
プロに比べて油の量が40%多くなるとも言われています。
つまり、上記の91 kcalに、22 kcalプラスされることになり、
113 kcalになってしまうんです。
そうすると、
油のカロリーは69 kcal、かぼちゃのカロリーは33 kcalなので、
油だけでかぼちゃ自体のカロリーの2倍もあります(^^;)
天ぷら恐るべし!!
それでもやはり、かぼちゃの天ぷらは美味ですよね~
どうしても美味しいかぼちゃを食べたいあなたのために!!
かぼちゃの天ぷらの揚げ方、こちらのページをご覧下さい(^^)
プロのように美味しく天ぷらを揚げることができ、
さらに油が少ない天ぷらになりますので、
低カロリーなんです♪
ぜひお試しくださいね(^^)

かぼちゃを離乳食用に下ごしらえして冷凍保存する方法を教えて下さい。

離乳食に使いやすい便利な食材って、
どんなものがあるのでしょうか?
かぼちゃやじゃがいもは
茹でて潰しやすく、栄養豊富なので
離乳食にピッタリの食材です(^^)
かぼちゃは栄養豊富な野菜で、
β-カロチン、ビタミンB群、ビタミンC、カリウムなどが
たっぷり含まれています。
つぶしやすいので、離乳食に使いやすく、
甘みがあるので赤ちゃんにも人気の食材です。
市販の冷凍茹でかぼちゃは、
固いかぼちゃを切る手間も時間もかからないので便利ですが、
どこの産地のかぼちゃが使用されているか不明なため、不安ですよね。
そこで、今回は、かぼちゃを離乳食用に下ごしらえし、
冷凍保存するところまでの方法について
詳しくご説明いたしますね(^^)
★かぼちゃを離乳食用に下ごしらえする方法★
STEP1
かぼちゃは切って種とわたを取り、適当に小さくカットします。
水で全体を濡らして、ラップをふんわりとかけたら、
電子レンジで加熱して火を通します。
火を通してからのほうが、
かぼちゃの皮は簡単にむけますよ(^^)
STEP2
電子レンジを使わない場合は、
鍋にかぼちゃを入れ、
ひたひたより少し少なめの水を入れて、やわらかくゆでます。
こちらの場合も、火を通してから
かぼちゃの皮をむきます。
STEP3
かぼちゃをすりつぶして湯でのばします。
のばすのに使うのは、お湯以外に、
ミルク、野菜スープ、だし、果汁などでもOKです!!
ただし、冷凍保存する場合は、お湯でのばしておくと
使う時にアレンジできるので便利ですよ(^^)
★かぼちゃのつぶし方、裏ごし方法★
 
1.かぼちゃをラップに包んで指でつぶしす
少量の時はラップに包んで指で押しつぶせば、
簡単につぶせます。
2.かぼちゃをフォークの背でつぶす
少量だけ作りたい時はフォークの背で簡単につぶせます。
量が多い時は、マッシャーを使ってもOK。
3.かぼちゃを裏ごしする
裏ごし器を使って、スプーンの背や、
木べらなどで押しつけるように裏ごしすれば、
より細かくつぶせます。
4.かぼちゃをめん棒ですりつぶす
ビニール袋に入れて、めん棒を転がすようにすれば
量が多い時も簡単に素早くつぶせますよ♪
★かぼちゃの冷凍保存方法★
 
STEP1
かぼちゃを冷凍保存する時は、
茹でるか蒸して、それぞれの離乳食時期に合った大きさに刻むか、
ペースト状にすりつぶしてお湯でのばしたものを冷凍します。
製氷皿に入れて冷凍し、キューブ状に凍ったら
冷凍用保存パックに移し変えて冷凍保存します。
キューブ1個分が何さじ分になるか、
あらかじめ調べておくと、
離乳食の時期に合った量を使うのに便利ですよ(^^)
また、冷凍用保存袋に板状に伸ばして冷凍しても、
パキッと折って必要な分だけ使うことができます。
板チョコのように、1回分ずつ
箸で筋目をつけておけば、折りやすいです。
離乳食中期以降は、適当な大きさに切って
ゆでたものを冷凍しましょう。
離乳食の時期に合わせて食べる量も増えますので、
離乳食中期や後期からは、
冷凍用保存パックに入れて冷凍保存します。

バターナッツかぼちゃのオーブン焼き

バターナッツかぼちゃといえば
かぼちゃのポタージュにして食べるのが定番ですが、
オーブンでグリルして食べるのも
意外に甘くて美味しいんですよ~(^^)
普段口にするかぼちゃと違ってくどくない
少しフルーティーな甘さ。
ミントがよく合うので
もしミントがあれば料理に添えてみてくださいね!
バターナッツは色もきれいなので
ミントグリーンが鮮やかに映えてオシャレ♪
★バターナッツかぼちゃのオーブン焼き★
【材料】
バターナッツかぼちゃ 1個
塩 少々
ブラックペッパー 少々
オリーブオイル 少々
ミントの葉 お好みで
【作り方】
バターナッツかぼちゃを皮ごと薄切りにして、
オーブンシートを敷いた天板に
それを重ならないように並べます。
少々塩を振って、200℃のオーブンで
表面が少しカリッとするまで焼きます。
オーブンから出してお皿に並べ
ブラックペッパー、オリーブオイル、
ミントの葉を飾って完成♪

かぼちゃの焼き方を教えて下さい。

かぼちゃを蒸したり茹でたり煮たり揚げたり
そんな調理法に飽きてきた時は、
焼きかぼちゃなんていかがでしょうか?
しかも、調理時間5分!!
焼くだけなので早いですよ♪
★かぼちゃの焼き方★
【材料(2人分)】
かぼちゃ 1/4個
オリーブオイル 大2
塩(粗塩がおススメ) 小2
【作り方】
STEP1
かぼちゃは切って種とわたを取り除き、
1cmくらいの厚さでスライスし、
電子レンジで加熱(3~4分間)します。
皮は剥かないほうがいいですよ(^^)
STEP2
フライパンにオリーブオイルと塩を入れ混ぜます。
STEP3
フライパンを熱しかぼちゃを焼きます。
焦げ目がつくくらい焼いたら出来上がり♪