月別アーカイブ: 2013年8月

じゃがいもはどのくらい日持ちするのでしょうか?

じゃがいもは保存がきく食材ですが、
数ヶ月も保存しておくと、
芽が伸びてきて食べたくなくなりますよね(^^;)
さらに、皮もしわしわになって、
全体的に柔らかくなったりしますよね。
今回は、柔らかくなって芽が伸びてしまったじゃがいもなど、
じゃがいもがどんな状態になるまで食べても大丈夫か、
じゃがいもはどのくらい日持ちするのか?についてご説明いたしますね(^^)
★じゃがいもはどのくらい日持ちするのか?★
じゃがいもは保存方法が良ければ、
半年~1年も保存が可能です。
では、じゃがいもがどんな状態になった時点で
食べないほうが良いのでしょうか?
長期保存していると、じゃがいもの外側から柔らかくなります。
食感が悪くなるだけで健康には何の影響もありませんし、
厚めに皮をむけば問題ありません(^^)
切ってみて、変色していたり、
変色が進んで腐ったりした部分があれば、
そこだけ切り落とせば問題なく食べられます。
ただし、長期保存していると芽が出てくるので、
芽は食べないようにしましょう。
また、光が当たって緑色になった皮の部分も
食べないでくださいね(^^)
じゃがいもの芽や緑色の皮には、
ソラニンという物質が含まれていて、
大量に摂取すると中毒を引き起こします。
幼児は少量でも中毒になることがあります。
いずれも芽や皮を取り除けば問題なく食べられますよ(^^)