カテゴリー別アーカイブ: じゃがいもに関するQ&A

芽が出たじゃがいもは食べられるのでしょうか?


じゃがいもは保存がきく食材ですが、

数ヶ月も保存しておくと、

芽が伸びてきて食べたくなくなりますよね(^^;)

 

芽が伸びてしまったじゃがいもは、

そもそも食べられるのでしょうか?

どんな状態になると食べないほうがよいのでしょうか?

 

今回は、芽が伸びてしまったじゃがいもなど、

じゃがいもがどんな状態になるまで食べても大丈夫か、

じゃがいもはどのくらい日持ちするのか?についてご説明いたしますね(^^)

 

★芽の出たじゃがいもは食べても大丈夫なのか?★

じゃがいもは保存方法がよければ、

半年~1年も保存することが可能です

 

ただ、長期間保存していると、

芽が伸びてきますので、早めにとってくださいね(^^)

芽を取って召し上がれば大丈夫です。

 

皮にはエグミ成分が増えていますので

料理する前にしっかりと皮をむくことも大切です。

料理にエグミが移ってしまいますよ。

 

万が一芽を食べてしまった場合は、

じゃがいもの芽の毒性の強さについてのページをご参考くださいね(^^)

 

何回も芽を取っているうちに、

じゃがいものの表面に皺が増えてきますが、

厚く皮をむけば続けて食べられます。

 

じゃがいもはどのくらい日持ちするのでしょうか?」のページでも

詳しくご説明しておりますので、ぜひご覧下さいね(^^)

じゃがいもの原産地はどこなのでしょうか?

じゃがいもの原産地はどこでしょうか?

じゃがいもは世界中で食べられているので

よくわかりませんよね。

 

実は、じゃがいもの原産地は

南米のアンデス高原なんです!!

詳しくは、じゃがいもの歴史のページをご覧下さいね(^^)

北海道のじゃがいも、メークイーンはどのような特徴があるのでしょうか?

北海道のじゃがいもの2大品種といえば

男爵とメークイーン

カレー、シチュー、煮物といえばメークイーンですよね(^^)

 

今回は、メークイーンの特徴について

ご紹介したいと思います(^^)

 

★メークイーンの味の特徴★

俵型で細長く、芽も浅いために

皮がむきやすいという特徴があります。

 

中は黄色で粘りがあるために

煮崩れしづらいじゃがいもです。

 

デンプンが15%ほど含まれる男爵薯と違い、

メークインは13~14%程度です。

 

煮崩れしづらいため、カレーやシチュー、

肉じゃがなどの煮込み料理や、

ポテトサラダにピッタリです♪

 

糖分と水分が多いので、

揚げ物にすると茶色く変色してしまいますよ。

 

秋の新じゃがの甘みはそれほどでもなく、

収穫後に熟成させたほうが美味しくなります。

 

★メークイーンの来歴★

19世紀末イギリスのチェルトナム

(Cheltenham ロンドンの西150kmほど。最近は車のラリーで有名)

に近いベンサム(Bentham)

 

ここで、サドラー(F.Sadler)という人が栽培していたものを、

1900年にサットン商会(Messrs Sutton and Sons)が

世間に紹介したものです。

 

わが国には明治末か大正時代のごく初期に

北海道東部の厚岸郡太田村(現在の厚岸町の区域)

にあった北海道庁立釧路農事試作場に導入されました。

 

名前の由来は、中世の春の村祭り(メーデー)の際、

村の娘の中から選ばれる女王にちなんだものです。

 

村人はリボンで飾ったメイ・ポールの周りで踊り、

メイ・クイーン(Queen of the May, May Queen)は

頭に花や飾りをつけて街を行進したり、

豊穣の女神マイア(マヤ)を祭り、供物を捧げました。

じゃがいも中サイズ1個の重量は何gくらいでしょうか?

じゃがいもで料理をしようと思い

レシピを見てみると

じゃがいもの大きさと重量がよくわかりませんよね?

 

じゃがいも中サイズ1個 とは

いったい何gくらいなのでしょうか?

 

今回は、じゃがいものサイズと重さについて

ご説明したいと思います(^^)

 

じゃがいも中サイズは1個50~150gです。

以下、じゃがいもサイズ早見表です♪

 

    Sサイズ  Mサイズ  Lサイズ
50g   1個    1/2個   1/3個
100g  2個    1個    1/2個
200g  4個    2個     1個
300g  6個    3個    1.5個
400g  8個    4個     2個
500g  10個   5個    2.5個
600g  12個   6個     3個
700g  14個   7個    3.5個
800g  16個   8個     4個
900g  18個   9個    4.5個
1kg   20個   10個    5個

 

じゃがいものサイズの基準のページも

ぜひご覧下さいね(^^)

じゃがいもに黒い斑点がありますが、食べても大丈夫でしょうか?

じゃがいもの皮に黒い斑点があるのですが、

食べても大丈夫なのでしょうか?

 

食べて問題なければ食べたいとは思いますが、

料理を作った後にじゃがいもの味が

美味しくなかったらガッカリですよね(^^;)

 

今回は、じゃがいもの皮に黒い斑点がある場合、

食べても大丈夫なのか?味は変わらないのか?

について、詳しくご説明いたしますね(^^)

 

★じゃがいもの皮に黒い斑点がある場合、食べても大丈夫なのか?★

土壌中の過剰水分や

高多湿条件でできる皮目肥大という症状があります。

 

このような黒い斑点である場合は、

全く問題なく食べられます。

 

その他の病気による黒い斑点の場合は、

いたんでいる部分や硬い部分を取り除けば

問題なく食べられますよ!!

 

様々な病気に関しては、

こちらのページをご参考くださいね(^^)

じゃがいもを切ると黒い部分があるのですが、食べられるのでしょうか?

じゃがいもを切っていると黒い部分が・・・

 

外観からはわからないため

切ってみるとビックリ、ガッカリ、ですよね(^^;)

黒い部分を切り落とせば食べられるのでしょうか?

 

今回は、じゃがいもに黒い部分があった場合

食べられるのかについて、

詳しくご説明いたしますね(^^)

 

★じゃがいもに黒い部分があった場合食べられるのか?★

じゃがいもが黒くなる症状は、

害虫の食害から病気までいろいろな原因があるので、

現物を拝見しないことには一概には言えません。

 

こちらのページはとても参考になりますよ(^^)

じゃがいもの病気で多いのはそうか病です。

 

これらの病気になったじゃがいもは

食べても害はありませんが、

はっきり言っておいしくないです(^^;)

 

また、早く痛んでしまうので、

長期保存はせずに、いたんだ部分を切り落として

すぐに食べてしまうことをおススメします!!

北海道のじゃがいも、ワセシロはどのような特徴があるのでしょうか?

北海道のじゃがいもをネット通販で

産地直送でお取り寄せしたい!!

 

でも、北海道のじゃがいもって

いろいろな品種があって

どの品種が美味しいのかよくわかりませんよね。

 

そこで、今回は、北海道のじゃがいものうち、

ワセシロについて詳しくご説明しますね(^^)

 

 

★ワセシロ★

北海道の新じゃがは

6月下旬のワセシロから始まります

ワセシロはポテトチップスにも使われる品種なんですよ(^^)

 

ポテトチップスは、ワセシロによく合う調理法です。

素揚げして塩を振るだけの素揚げフライドポテト

本当に美味しいですよ♪

 

じゃがいもそのものの味はあっさりしているのですが、

油で揚げることで旨味や甘味が出てきます。

 

揚げる、炒めるという調理方法は

ワセシロにピッタリ(^^)

 

ワセシロは水っぽくなりやすく、

味が足りない感じがするので、

蒸す、煮るといった調理方法には向かないかもしれません。

 

また、やや煮崩れしやすいので、

煮込み料理に使うときには、素揚げしてから使うか、

短時間で仕上げるなどの工夫が必要です。

 

マッシュポテトにすると、

粘質のためにまとまりやすい反面、

もったり重たい食感になってしまいます。

 

あっさりとした、甘味が少ないじゃがいもですが、

その分どんな料理にもできますので、

アレンジする楽しさがありますよ(^^)

 

味をしっかりつけることもポイントです!!

SSサイズの大きさはどのくらいでしょうか?

じゃがいもをまるごと使ったポトフなどは

じゃがいもが小さいほうが見た目がかわいいので、

レシピを見るとじゃがいも「SSサイズ10個」のように書いてありますが、

じゃがいもSSサイズの大きさはどのくらいなのでしょうか?

 

じゃがいものサイズの基準では、

SSサイズの基準は特にありません(^^;)

 

ですので、Sサイズが50g以下であることから考えると

SSサイズはもっと小さいサイズですね。

ビー玉サイズか、それより一回り大きなサイズでしょうか。

 

こんな小さいじゃがいもの皮、

どうやって剥いたらよいのかわからない!!

 

というあなたは、

じゃがいもの皮の簡単な剥き方のページをご覧下さい(^^)

ご主人や彼氏が惚れ直してくれる裏技ですよ(^^)♪

じゃがいもは皮ごと食べても大丈夫でしょうか?

時々フライドポテトなどで

じゃがいもに皮がついたままのものがありますが、

じゃがいもは皮ごと食べても大丈夫なのでしょうか?

 

皮付きのまま茹でてじゃがバターとして食べるときなど、

皮ごと食べても大丈夫なのか迷いますよね?

 

今回は、じゃがいもは皮ごと食べても大丈夫なのかについて

詳しくご説明いたしますね(^^)

 

★じゃがいもは皮ごと食べても大丈夫なのか?★

新じゃがいもや、光を当てないように保存したじゃがいもは

皮まで美味しく食べられますよ(^^)

 

でも、じゃがいもに光が当ると、

皮の下までじゃがいもが緑色になります。

 

この緑色の部分には、

じゃがいもの芽と同じ有毒物質が含まれますし、

味も悪くなってしまうんです。

 

じゃがいもの緑色の部分と芽は

必ず除去して食べるようにしましょうね(^^)

 

もし誤って食べてしまった時も慌てないでください。

じゃがいもの緑色の部分を食べてしまった時に関するページを

まずはご覧ください(^^)

じゃがいもの皮の表面がザラザラしているのですが、病気でしょうか?

じゃがいもの皮の表面がザラザラしていることありませんか?

スーパーでは比較的つるつるしたじゃがいもが

販売されていますよね?

 

見慣れないざらざらの皮で、

食べても大丈夫なのか、

少し気になりますよね(^^;)

 

今回は、じゃがいもの皮の表面のざらざらについて

少しお話させていただきます(^^)

 

畑で完熟したじゃがいもは、

皮の表面がざらざらして

ネットがかかったようになるんです!!

 

特に、男爵いもは品種の特性上、

完熟すると皮に網目が現れます。

 

それ以外の皮のざらざらやデコボコは、

そうか病という病気の可能性もあります。

 

皮をむいて問題なく食べられますが、

早期に腐ってしまいます。

 

また、そうか病の皮を自家製肥料にまぜたりすると、

翌年はそうか病が蔓延しますので、

ご注意くださいね(^^)